日本シリーズ初戦は阪神打線が爆発!

日本シリーズ初戦は阪神打線が爆発!

"2014プロ野球日本シリーズが開幕しました。甲子園球場のスタンドは物凄い数の阪神ファンで埋め尽くされていましたね。ソフトバンクの選手やファンは独特な雰囲気に圧倒されたと思いますよ。

 

クライマックスシリーズから波に乗っている阪神タイガースが、6日間空けての日本シリーズで勢いを維持できているかに注目してましたが、ゴメス選手、福留選手、マートン選手といった主軸がしっかりと仕事をしてくれました。

 

いっぽう、ソフトバンクの先発は昨年まで4シーズン阪神タイガースに在籍したスタンリッジ投手、選手の特徴など知っていたはずなのに5回途中までで6失点と打ち込まれてしまいました。

 

キャッチャーのリードがそうなのか、昨日の試合は「カットボール」が多すぎたと思います。

 

その点、阪神のメッセンジャー投手は立ち上がりからストレートに力があり、落差のあるカーブと合わせ危なげない投球内容で7回2失点としっかりとゲームを作ってくれました。
さすが、セリーグの最多勝と奪三振のタイトルを奪取した投手だと思いましたね。

 

阪神タイガースにはメッセンジャー投手の他に、ファイナルステージで巨人相手に圧巻の投球を見せた藤浪晋太郎投手と、セリーグ記録の4試合連続2ケタ奪三振記録を更新した能見投手も好調なので、力のあるソフトバンク打線をもってしても打ち崩すのは難しいかもしれない。"