日本のメダルラッシュの陰で懸念されること

日本のメダルラッシュの陰で懸念されること

リオデジャネイロオリンピックでは日本人選手の大活躍で盛り上がりすごかったです。

 

メダルラッシュで驚きました。本当に素晴らしかったです。しかし少し心配してしまうこともあります。日本人が勝ちすぎると白人による理不尽なルールの変更が度々あるからです。

 

遡りますと競泳の鈴木大地さんが圧勝した後にルールが変えられました。スキーの荻原兄弟も黄金時代を築いていましたが、不可解なルールの変更によりトップの座から陥落しました。

 

モーグルの上村愛子さんも度々のルール変更により翻弄されました。モーグルの不可解なルールの変更は1度ではありませんでした。

 

上村愛子さんは本当に翻弄され苦労しました。オリンピックではありませんが、野球のWBCでも日本が連覇した後にルールの変更がありました。スケートの荒川静香さんはイナバウアーは得点に加算されないというルールの変更によりオリンピック間近でのプログラムの変更を余儀なくされました。

 

真央ちゃんも理解のできない言いがかりのようなルールの変更により苦しめられました。

 

子供の頃からおこなってきたジャンプにルールの変更があり修正せざるを得なくなりました。本当に気の毒でした。

 

理不尽ともいえるルールの変更に多くの選手が苦汁をなめました。しかしこれらの選手は間違いなく世界一のアスリートで世界一の実力者です。

 

今後このようなルールの変更がないことを願います。